シミトリーに限らず、人気化粧品は「怪しい」とか「嘘」など、イメージがよくないキーワードで検索されることがあります。

「もしかしてシミトリーって怪しい商品なの?」と思う人もいるかも知れませんが、決してそんなことはないので安心してください。

ではなぜシミトリーが「怪しい」といわれているのかは、いくつかの理由が考えられます。

シミトリーが怪しいといわれる本当の理由

シミトリー 怪しい

Facebookなどの広告が怪しい

フェイスブックをみていると、タイムラインに流れてくるシミトリーの広告を見たことはありませんか?

「シミトリーの在庫は残り○個!」と在庫切れをアピールしたり、信じがたいビフォーアフター画像を掲載するなど、疑わしい広告って結構あるんですよ。

こういった広告はシミトリーの販売サイトは関係なく、広告代理店などが運営しているもので、消費者を過剰に煽っているのが特徴です。

フェイスブック広告やニュースアプリの広告などで、「テレビで紹介された!」とか「〇〇さん(芸能人名)も絶賛!」という記載を見かけますが、確認してみると番組内容がぜんぜん違うこともあります。

虚偽広告では「シミが剥がれてきた」など、医学的に考えられない文言が踊っていることもあるんです。

すべての広告が怪しいというわけではありませんが、「シミトリーは怪しい」と検索される理由なのは間違いないでしょう。

過剰なステマサイトが怪しい

シミトリーのイメージをよくするためなのか、明らかに不自然な効果を口コミとして投稿しているサイトをときどき見掛けます。

例えば、短期間でシミが消えたビフォーアフター画像、いいところばかりを紹介しているような、いわゆるステマサイトと呼ばれているものです。

シミトリーは評価が高い商品なのに、不自然に宣伝されると逆に「怪しいんじゃない?」と疑ってしまいますよね。

定価より高く販売するお店が怪しい

もうひとつ考えられるのは、楽天やアマゾンで販売されているシミトリーが、なぜか定価より高く販売されている点です。

なぜ定価より高いシミトリーは怪しいのかというと、「転売品」の可能性が高いからです。

転売品は正規の販売ルート以外で市場に出てきているので、品質に保証はありません。個人的には一番怪しいと感じています。

※シミトリーの公式サイトでは正規品が購入できるのでご安心くださいね。

まとめ

シミトリーが「怪しい」と検索されている理由をいくつかあげてみました。

基本的に人気のある化粧品は「怪しい」とか「嘘」とか検索されるものなので、おそらくシミトリーやメーカーになにか問題があるわけではないんです。

こういったネガティブなキーワードは気になるものですが、あまり振り回されすぎないように注意した方がいいと思います。

私自身もシミトリーを愛用していますが、怪しいと感じることはひとつもないですし、むしろ好印象ですよ。

シミトリーの詳細はこちら