シミトリーは肌への負担が少ないので、敏感肌の人でも安心して使えます。

なぜシミトリーは敏感肌の人でも問題なく使用できるのか、普通のオールインワンゲルとどう違うのか、その理由を詳しく紹介します。

シミトリーが敏感肌でも安心して使えるのはなぜ?

シミトリー 敏感肌

【1】敏感肌でも使える目的で開発された商品

シミトリーはもともと「敏感肌の人でも安心して使える美白化粧品」というコンセプトで開発された商品です。

肌にやさしい成分を厳選したり、特殊な浸透技術を採用するなど、肌への負担をかけないように作られているので、敏感肌の人が使えて当然のスキンケアなんですね。

【2】肌に優しい7つの無添加処方

シミトリーは肌に負担を掛けるような成分を使用していません。敏感肌でも安心して使えるように、7つの無添加処方で製造されています。

シミトリー 7つの無添加処方

  • パラベン
  • アルコール(エタノール)
  • 界面活性剤
  • 香料
  • 着色料
  • 鉱物油
  • シリコーン

【3】肌への負担が少ない浸透技術「球状ラメラ構造」

シミトリーは独自の「球状ラメラ構造」という特殊な浸透技術で、美容成分をターゲットポイントまでスムーズに届けることが可能です。

浸透性があまりよくないスキンケアは、肌の表面に美容成分がとどまってしまうことがあり、敏感肌の人だとこのわずかな刺激が原因で肌が荒れてしまうんですね。

つまり浸透性の高いシミトリーは、成分が肌にとどまりにくい分、肌への負担が少ないということになります。

球状ラメラ構造とは

球状ラメラ構造とは、油の層と水の層が交互に重なったカプセルのことをいいます。

なぜこのような特殊な構造になっているかというと、肌の構造が油と水の層が重なりあっているため、スキンケアも同じような構造にした方が美容成分の浸透がスムーズになるためです。

シミトリーの美容成分は球状ラメラ構造という特殊な構造のカプセルに包まれているので、美容成分をスムーズに浸透させることができるわけですね。

【4】肌のバリア機能を支える保湿力

肌が乾燥するとバリア機能も低下し、わずかな刺激でも肌トラブルの原因となってしまいます。

肌の乾燥を防ぐためには、なんといっても保湿が大切ですよね。

シミトリーは「肌の乾燥もシミの原因のひとつ」と考え、話題のエイジングケア成分「フラバンジェノール」をはじめ、10種類もの天然保湿エキスを贅沢に配合しています。

シミトリーに配合されている天然エキス

  • フラバンジェノール
  • ビルバリー葉エキス
  • ユキノシタエキス
  • マロニエエキス
  • カンゾウフラボノイド
  • 天然ビタミンE
  • セラミド3
  • オリブ油
  • スクワラン
  • シア脂

 

シミトリーの保湿力はユーザーの口コミでも高評価。肌の乾燥を徹底的に防ぎ、肌のバリア機能を低下させません。

まとめ

シミトリーが敏感肌でも安心して使える理由を詳しく紹介してきましたが、それでも肌に合わないという人もいるかも知れません。

念のため、敏感肌の人、肌の弱い人は腕の内側などでパッチテストをするようにしましょう。

万一肌に合わない場合でも、シミトリーは返金保証があるので安心です。

敏感肌にもやさしい「シミトリー」の詳細はこちら