シミトリーは医薬部外品ということもあり、妊娠中や授乳中でも問題なく使用できるのか不安に感じている人も多いでしょう。

妊娠中はシミができやすい肌状態になりますが、やっぱり赤ちゃんに悪影響のあるスキンケアはできるだけ避けたいものです。

シミトリーは妊娠中、授乳中に使用しても問題ないのか、赤ちゃんに影響はないのかを、販売元のフォーマルクラインに確認してみました。

シミトリーは妊娠中・授乳中も使用できます

シミトリー 妊娠中

販売元フォーマルクラインに確認したところ、シミトリーは妊娠中・授乳中に使用しても問題ないということでした。

シミトリーには皮膚下への強い影響のある成分は使用しておらず、お肌にやさしい成分配合となっておりますので、妊娠中、授乳中のご使用も問題はございません。

しかしながら、やはり妊娠中は体調が変化しやすく、お体の状態も普段とは違い敏感になりますので、念のため担当医師等にご相談の上でのご検討をおすすめしております。

引用:フォーマルクラインからの回答

 

シミトリーには赤ちゃんに悪影響を及ぼす成分は使用していないということなので、安心して使えそうですね。

ただ妊娠中の肌状態は人それぞれなので、事前に担当医さんに確認すればより安心して使えると思います。

シミトリー以外にも気をつけたい妊娠中のシミ対策

妊娠中は「プロゲステロン」という女性ホルモンが増加して、メラノサイトの働きが活発になります。この状態だと少し紫外線を浴びただけでもシミができてしまうんですね。

出産後、ホルモンバランスが整ってくると、肌の状態も落ち着いてくるケースがほとんどなのですが、人によってはシミがそのまま残ってしまう場合もあります。

妊娠中、産後のシミを予防するためには、シミトリーだけで大丈夫かといえば決してそんなことはありません。

どのように対処すればいいのか、妊娠中、産後のシミケアに効果的といわれている対策をまとめてみました。

【1】ビタミンA・ビタミンCを摂取できる食事メニュー

普段の食事からシミケアに効果的な成分を摂取するように心掛けてください。

特に効果的といわれているのはビタミンA、ビタミンCです。ビタミンAには新陳代謝を活発にする作用、ビタミンCにはメラニンの生成を抑える作用があるとされています。

  • ビタミンA ⇒ うなぎ、ニンジン、ほうれんそうなど
  • ビタミンC ⇒ 柑橘類、パプリカ、ブロッコリーなど

 

他にもシミケアに効果的な成分は多々ありますが、あれこれ覚えるのはたいへんなので、とりあえずこの2つを覚えておきましょう。

【2】紫外線を浴びない

先ほど説明した通り、妊娠中は少し紫外線を浴びただけでもシミができやすい状態なので、紫外線対策は必須です。

日傘、帽子、日焼け止めクリームなどは基本中の基本です。紫外線対策は可能な限り行ってください。

【3】スキンケアで肌を整える

妊娠中は外出する機会が少なくなることから、スキンケアをお休みする女性も多いと思います。

でもシミができにくい肌状態をキープするためには、スキンケアで肌を整えてあげることも大切です。

妊娠中は肌が敏感になりやすいので、肌への負担の少ないスキンケアを選ぶようにしてください。(敏感肌でも使えて妊娠中もOKというシミトリーならピッタリですね)

まとめ

シミトリーは妊娠中・授乳中でも問題なく使用できるスキンケアなので、産後のシミ対策にはピッタリの商品です。

シミトリーを使っているからと安心せずに、食べ物や紫外線対策にも十分ご注意くださいね。

シミトリーの詳細はこちら